ビジネスローンの新しい形、ファクタリングとは?


ファクタリングサービスすなわち売掛金買取サービスを利用すれば、個人事業主や企業から年数の浅いベンチャー企業、そして与信状況が思わしくない会社でも資金を調達することが出来ます。

一般的に資金調達となると銀行の他、貸金業者のビジネスローンを真っ先に検討するケースが多いと考えます。しかし、これら金融機関から融資を受け、資金調達をする場合は高い金利が発生してしまい、返済額が高額になるリスクもあります。

また、起業年数や与信状況により融資を受けられないことがあり、資金繰りの悪化が生じる可能性もあります。しかし、ファクタリングサービスは資金の融資を受けるというよりも、既に利益が期待で切る売掛金を買い取ってもらうため、売掛金さえあれば必要な資金を調達できます。

また、メリットとしては年利ではなく、手数料という点にあり、売掛金の買取時に発生するだけで済みます。

金融機関からの融資の場合、毎月利息が発生する状態になり、結果としてキャッシュフローの悪化を招く可能性があるものの、ファクタリングサービスならその心配が無くなっています。

金融機関から融資を受けず、効率良くそして資金調達が出来る方法として最近注目を集めています。

そのほか、緊急の借り入れはどうすればよい?

資金調達で確実性が高く、銀行などの金融機関から借入しやすいものと言えば国や地方公共団体などが執り行う入札を落札してその契約を担保にした短期借入や長期借入が有効な手段と言えます。

夏季あるいは年末の賞与の支払いなどにも活用できるし、もちろん日頃の運転資金としても活用できます。下請や委託など仕事を外部に出すことをせず、自社で仕事に取り組むことができるのなら資金は内部循環で済みます。

民間の売掛を元にした債権ではなかなか銀行などからとりあってもらえませんが行政機関のものならば信用がありますから資金調達には最適です。

民間の金融機関、ノンバンクを利用するならば事業資金仕様のカードローンを利用するのもお薦めです。いわゆる法人専門の金融機関です。融資を得る事さえ成功すれば限度額まで繰り返し利用することができます。

緊急の資金調達に利用することもできるし、返済をしっかり厳守さえしていればお得な資金調達方法と言えます。

コメントは受け付けていません。